アミノ酸 シャンプー

アミノ酸系シャンプー選びの注意点!

『髪の毛や頭皮にダメージを与えないためにはアミノ酸系シャンプーがいい。』という声を最近よく聞きます。

 

 

毎日使うシャンプーだからこそ、なるべく髪の毛や頭皮に優しいものを使いたいですよね。

 

確かに、アミノ酸系シャンプーは髪の毛や頭皮に与える刺激が少ないというメリットが有ります。

 

しかし、

 

だからと言って、アミノ酸系シャンプーと書かれているシャンプーが
全て良質な商品である、とは言い切れません。

 

 

 

アミノ酸系シャンプーとはいったい何なのか、
選ぶときにはどんな注意点が必要なのかを確認していきます。

 

 

アミノ酸系シャンプーって何?

どんなシャンプーがアミノ酸系シャンプーと呼ばれているのでしょうか。

 

シャンプーは水、界面活性剤、有効成分から構成されています。
シャンプーの洗浄能力は、この界面活性剤の種類によって決まります。

 

シャンプーに使われる界面活性剤の種類には、アニオン(陰イオン)型とアンホ(両性イオン)型が有ります。

 

 

このアニオン(陰イオン)型はさらに、『セッケン系』、『高級アルコール系』、『アミノ酸系』に分類されます。

 

アミノ酸系シャンプーとは、界面活性剤としてアミノ酸系成分を用いているシャンプーのことを言います。

 

代表的なアミノ酸系成分としては、
ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNaなどが有ります。

 

 

 

アミノ酸系シャンプーは、
他の系統のシャンプーと比べると、非常に刺激が少ないです

 

また、髪の毛のダメージが進行するのを抑制する効果や、
種類によってはフケの発生を抑えた事例が有ることも知られています

 

なので、
敏感肌ですぐに頭皮が痒くなったり反応が出てしまったりする人、
髪の毛のダメージを抑えたい人、フケが気になる人にはオススメです。

 

一方、洗浄力はそこまで強くありません。
そのため頭皮がオイリーな人やハードなヘアワックスを使っている人は注意が必要です。

 

 

以上のように、アミノ酸系シャンプーには頭皮や髪の毛に優しいシャンプーと言えます。

 

 

しかし、一口にアミノ酸系シャンプーと言っても、その成分には多くの種類が当てはまります。
また、配合量も商品によって異なります。

 

例えば、

 

シャンプーに配合されている界面活性剤のほとんどに高級アルコール系成分を使用しているのにも関わらず、ごく少量アミノ酸系成分を配合しているという理由で、
 
『アミノ酸系シャンプー』を名乗っている商品も有ります

 

 

シャンプーの成分は全て、<成分表示>に記載されています。
アミノ酸系シャンプーは、実際配合されているアミノ酸系成分にも注意して選んでくださいね。

 

髪の毛に合ったシャンプー選びができるようになれば、併用してトリートメントも使うと断然、違ってきますよ。
洗い流さないトリートメントはとても楽で、ドライヤーの熱にも強いんです。
私が使っている「リシリッチ」は、髪の毛がサラサラになって、しっとりとまとまるので好きなんですよ

>>>リシリッチ初回限定1350円(送料無料)の詳細はこちら<<<